ペーパークイリングで花を作るのって意外と簡単かも

紙のお花シリーズで、クイリングも楽しんでいます。

細長い紙をクルクルと巻き、様々な形状にして、お花にしたり、パーツにしたり
表現は無限って感じですね。
より、リアルな花に近づけたり、巻き方によっては、オリジナルのキャラクターみたいなのができたりできるんですよね。
写真中央にある花は、中心がグレープロール、花弁は、ティアドロップ
細い紙を巻くので、とっても繊細な感じがしませんか。

そう、はじめ慣れないうちは、この巻くのが意外と難しいんですよね。
同じ力で巻けば、きれいな渦ができるけど、ばらつきがあると、間隔がまばらになってしまうし。

とはいえ、数巻けば上手になりますね。

クイリングの持つ魅力も作品を通して、アップしていきますね。

出来上がったパーツは、フレームに飾ったり、立体的にして、お部屋にアレンジメントとして飾ったり、

メッセージカード作ったり、用途も色々ですよ。

作る楽しみ、贈る楽しみ。

紙のものの持つ魅力がここにも、「楽しみ」がいっぱいなんですよ。

おすすめ記事