攻めのハーブって言われてる「ローズマリー」で美肌の効果が期待できるって

我が家にも植えている、ローズマリー

一年中緑があるので、冬になっても、やさしい緑が目を癒してくれます。

春になると、やさしい紫の色の花がいっぱい咲いて、

ミツバチが一生懸命、花によってせっせとお仕事をしています。

とっても強いハーブなので、私でも簡単に枯らすことなく育ててれます。

始めは、料理に少し使えたらなんて思ってたんだけど

今は、ほとんど樹の状態。

手を入れないから、ほんと大変な状態で恥ずかしいくらいです。

この、ローズマリーをもっと何かに使ってみたいって思っていたら

ということで、調べてみたら、「植物の贈り物」で、ローズマリーの魅力が満載。

知り合いは、軟膏にして、肌が弱いから自分で作って使っているし

介護をしている知り合いは、抗菌作用があるので、いい香りもするので、お掃除するときに使ったり

アルツハイマーや認知症の抑制にも効果が期待できそうだとか、

脳の老化はなるべくゆっくりしたいですよね。ご長寿社会、なるべく頭も元気でいたいですね。

体への効果も期待できるようで、身体を温めるってことになると、冬にはとってもいい仕事してくれますね。

お風呂に入るときに、ちょっと入浴剤のようにしていれて、温まるし香りとダブルで

冬のお風呂には、なんかうれしいですね。

美髪効果も期待できるようなので、年齢が上がってくると、どうしてもバサバサしたりして、

鏡を見るたびに、見なくてもなんか気になってたから、気になるところに効くって

ローズマリーっていい仕事するハーブなんですね。

私はこの本「ココロとカラダに効く ハーブ便利帳」が好きで、眺めてるだけってことも多いですが、

たまに開いて読んで、ハーブの面白さを密かに本からも楽しんでます。

タイトルとURLをコピーしました