「美しい」と「きれい」

「美しい」と「きれい」

数年前に、キルト仲間に「ブティ」をされている方がいて
その方に、キルトや、ブティを教えていただいてました。

その時に、その方の師匠から、
「美しい」と「きれい」は、違うのよ。というお話があったそうです。

そのことを、私にも話してくださってました。

ただ、その時は、なんとなく、ぼんやりとしかわかってなかったのです。

そして、最近になって(随分、年月がすぎましたが。。。)

あ~、そういえばって。

調べてみると

「きれい」は、整然と、清潔であるなどで、手を洗うときれいになるなどの様な、表面的に感じること
「美しい」は、目で見て感じるような、心奪われるような、内面的に感じること

なのかな、と。

躾という字は、身が美しい

なんとなく、イメージできてきたような。

よくある、企業などの「5S」

整理・整頓・清掃・清潔・躾 

中々最後の「躾」というのは、難しい。