薔薇の4月のお手入れって何したらいいのかな

冬に薔薇の剪定をして、今は4月の上旬。

なんとか、葉っぱが出てきてくれています。

すごく、バッサバッサと、カットするところを調べて初めて自分でカットしたので、

大丈夫かな?と心配でした。

3月、そして4月になって、少し気温が上がってきたら

弱弱しいやわらかい葉っぱがでてくれてました。

ミニバラと、日本古来からのトゲの鋭い薔薇と2種類しかないのですが

どちらも、バッサっとかっとしてみました。

やはり、日本古来の薔薇(名前を忘れたので伝えにくいですが)、でてくる葉っぱもなんか

力強い印象です。

さてさて、ここからどうする?

4月になって、葉っぱがぐんぐんということは、栄養もいるんじゃないかと、気になって

また、ネットで調べてみました。

ん~、たくさんある。

その中で、覚えれてできそうなのが、

①水やり

②肥料

③虫対策

④草取り

このあたりかな。

草がたぶん負けずに出てくるので、抜いて、少し地面が耕されるようになるだろうから

地表をきれいにして、酸素が行くのかな?って思いながら、適度に水やりをして、

肥料を与えて、げんきになってもらわなければ。

使いやすい価格と、効果を狙って、与えてあげなければね。

葉っぱに苦手な虫がついていたら、早めに天使になってもらいましょうかね。

葉っぱにも白い粉がついたみたいになる「うどん粉病」にも、気を付けてあげて

綺麗な葉っぱと花を咲かせれるのを夢見て、ちょこと手を加えてあげたいですね。

うわぁ~、これから虫が出てくるんだよね。

苦手だぁ。

ガーデニングを楽しむのに、まだまだ知識が必要です。

きれいに花を咲かせるには、結構人知れず手を加えてあげないといけないのを

つくづく思います。

仕事でも同じことを思うことが多いのですが

日常も仕事でも共通することがありますね。

日々、勉強だな。

実践しながら、知識を得て、また成功と失敗を経験し、それをまた自分のこれからにいかすために

エンドレスですね。

成功も失敗もきちんと記録に残していないと、次にいかせないってのも

なんとも、お粗末なので、少し気にしながら記録もしていかないといけませんね。

さてそれはどんな風に記録していくか。

さ、考えようっと。

おすすめ記事